語学留学を活用しよう

■語学を学ぶなら留学で

語学を習得するために、どのような手法が効果的でしょうか。一番いわれるのが、現地に飛びこむことと言われております。そういった評判から効率的に、語学力をつけたいというひとで利用者が増えているのが、語学留学です。

そもそも語学留学とはどういったものでしょうか。

語学留学とは、シンプルに「語学を学ぶための留学」といったものを指します。
いまやビジネスをする上でも、生活する上でも、英語、多言語を活用するのは国際化社会においてあたりまえのことになりつつあります。そういった社会的な背景などから、どんどん、留学のハードルは下がっているのです。

現地の語学学校に通いながら語学を習得するスタイルでは、語学学校外の時間も、常に現地の言語に浸かっている状態なので、語学習得にもっとも重要な要素である「聞く力」が自然と養われてくるのです。

期間はだいたい、1週間〜3ヶ月以内の短期留学か、数年間の長期まで長期滞在するパターンの2種類に分かれます。後者であれば、ビザの取得などで働きながら語学を習得するというケースが多くなってきます。

語学留学の特徴のひとつとして、自分のニーズやスタイルに合わせて選ぶことができるという点があります。
特に日本では、ニーズの増加に合わせて、語学留学の紹介会社や、事業者が増加しているため、多くの選択肢の中から、自分にあったプランを選べるという、比較的恵まれた環境にありますので、有効活用していくのがよいでしょう。

例をあげると、語学留学と聞くと、基本的には現地の語学学校に行くことが一般的ですが、自分自身が学校の集団行動が苦手ということであれば、現地の語学の先生の家にホームステイをして、マンツーマンで個人レッスンを受けるというようなスタイルも可能です。

語学留学に関しては、受身で行うものでなく、自分が主体的になって学ぶ姿勢が非常に重要になります。
目的を明確にして、自分にあった、プランを選んでいくようにしましょう。もっとも自分の求めるプランを扱っている留学支援をしてくれる業者を選ぶことが最初のステップになります。

また、目的を整理していると、自分ひとりでは、混乱しやすくなるため、
相談相手として機能してくれるところを見つけるのもおすすめです。

・語学力を伸ばしたい。
・日本企業で海外事業部に入り活躍したい。
・外資企業でビジネスをバリバリしたい。
・多くの人とコミュニケーションをとりたい。
・外国人の友達がほしい。
・海外学校や海外でビジネスをしていきたい
・長い休暇が取れないけれど、留学して刺激を得たい。

このような目的が多いでしょうか。
それに沿って、自分がいまどれくらいのレベルなのかを定期的にチェックすることが非常に重要で、特に語学の短期留学の場合、”ぬるま湯状態“でなんとなく期間が過ぎてしまう、ということがおきてしまいます。

せっかく、自分の時間、費用を使っていくのであれば、有意義な留学にするように工夫するようにしましょう。

参考:語学留学・短期留学|ラストリゾート